不動産投資に未来はあるか?

そもそも不動産投資とは?土地・ビルやアパートなどの建物を所有し、それらを貸し出すことで賃料(収入)を得るというものです。不動産投資は他の投資よりも利回りが高くなく、ローリスクローリターンの投資という風に言われています。しかし実際には、リスクは本当に少ないものの、それなりのリターンが得られる投資です。不動産投資ができるのであれば、不動産投資もするべきだと思います。不動産自体が高額なため、不動産投資の際は銀行などの金融機関からお金を借り入れて購入するのがほとんでです。銀行などからすれば、土地や建物を担保にできるので、融資がしやすい案件という風にも言われております。このように銀行等の動向に左右されやすい面もあります。 では、実際に現状の銀行の状況はどうでしょうか?不動産に関しては、銀行が消極的になっており、評価も厳しめになっているところが多いと聞きます。融資を受けられる方の属性に関しても絞られている感じもあり、全体的に厳しい融資状況のようです。「サラリーマン大家」というキーワードをよく耳にしていた頃とは状況が変わっているように思えます。数年前に、かぼちゃの馬車事件という不動産投資関連では非常にインパクトの大きい事件が起こりました。かぼちゃの馬車とは、株式会社スマートデイズという会社が行っていた女性専用シェアハウスのブランド名です。不動産投資家にこのシェアハウス建築の話しを持ちかけて、その建てられたシェアハウスをサブリースするという事業を行ってました。問題だったのは、建築会社からのキックバックを上乗せするために、建築費を異常に水増しして融資を受けさせていたということです。銀行も銀行で甘くずさんな不正融資をおこない、ばんばん融資を行っていました。その結果、多数の自己破産の不動産投資家をうみだした事件です。この件も銀行の厳しい融資状況の原因になっていると思われます。 これから不動産投資はできないのか?実際に融資状況は厳しくなってはいますが、融資件数がゼロになったわけではありません。今までが融資件数が多すぎただけで、適正に戻ったという風に考えられます。金融機関は、融資案件に対して、その事業性があり収益がしっかり出るものであれば融資はしてくれるのです。不動産のすべてが収益を生み出すわけではありません。収益を生み出す不動産を選定することができれば、融資も受けられ投資も成功します。今色々な影響を受け、不動産経営自体が難しくなりつつあります。その一方で優良な投資物件が出てくるタイミングでもあります。つまり不動産投資を考える、始めるいいタイミングです。

投稿日: